ゴールドカードは優待サービスが豊富

決済などに利用しているクレジットカードにはいくつかのランクが存在しますが、その一つが「ゴールドカード」です。
ゴールドカードを持つメリットとして、一般のクレジットカードと比べて様々なサービスが優待されていることが挙げられます。
例えばポイント還元率が高めに設定されていたり、破損や盗難、紛失等での保障制度も充実しています。

他にも空港でのラウンジの使用が無料であったり、国内・海外での旅行傷害保険が付帯したりと、カード会社によって異なりますが、多くの優待サービスが提供されています。
こうした優待サービスを受けることができる一方で、年会費は高く設定されており、年齢や年収などで取得の制限を設けているカード会社も多くあります。
そのためゴールドカードの審査基準は厳しいことで知られており、取得しづらいことで有名です。

つまりそれだけゴールドカードが特別なカードであるという印象を誰もが持っているということなのです。
ただし、近年においては、申込みできる年齢の幅を広くしたり、年収の制限に関しても「安定した収入」といった風にあまり厳しい基準を提示していないゴールドカードも広く普及していますので、以前よりも手に入れやすくなりました。
そのため20代であってもゴールドカードを所持しているということはけして珍しいことでもなくなったのです。

自分が利用したいサービスや適したサービスを見定め、選んだカードを有効に利用していくことが重要になります。